CAGIVA C592 計画

かつて若かりし頃 私はエディーローソンの走りに魅了され憧れるレプリカ野郎でした。
今で言うコスプレーヤーです。
CA3I0364.jpgCA3I0366_20170519225842e7a.jpg
ベースはTZR250後方排気ですがなかなかの出来です。
CA3I0368.jpg
当時はいろんなコスプレーヤーがいました。なつかしいなぁ
CA3I0365_20170519225840a7d.jpgCA3I0367.jpg

2年前 スズカでエディーに会いに行きCAGIVAのGP500に跨りまた
またあの気持ちがふつふつと湧いてきてバイクに乗りたくなりました。
エディの乗っていた500 CAGIVA C592はこれ
cagiva-500-eddie-lawson-21.jpg
で大人になったらDUCATIに乗ろうと思ってましたが免許もなく
やっぱり500のレプリカなら2サイクルだろうとこれを選びました。

CA3I1457.jpg
91TZR250R STD サーキット走行されてた車両だそうです。
私がロードレースを始めた1994 買ったNSRの元オーナーに
「NSRなんかもう終わってんで」と言われましたがまぁなんとかなるんちゃうかと思ってました。
当時はSUZUKAサーキットの練習走行の予約を取るのは一苦労なののあり
参加費は高いですがTOPクラスの走りを見るにはレースだろうと
色々あって晴れの練習が1回で ハイレベルな4耐前のレースの予選に出ました。
スズカバックストレートで遅くはない私のNSRをスリップストリームを
使いそれほど速度差がなく抜いていったのは
当時NSRといえばJhaといわれるくらい売れていたJhaの赤いワークスマシンです。
そんな私たちNSRをインからアウトから危ない!と思うぐらいの速度差で3台の
黄色や赤いTZR(SP忠雄 RC甲子園 ドックファイト)が抜き去り消えて行きました。
なんともならない性能差です。
「あぁNSRの時代は終わったんやぁ…」と中島みゆきの歌をヘルメットの中で歌い
NSRは1年未満で降りました。

そんな強烈な印象の残るTZR250R
ちゃっちゃっと適当に塗装しました。
CA3I0348_201705192258278f5.jpg
赤のスプレーは当時CAGIVAのl子会社だったDUCATIの近似色のマツダSQ

CA3I0349_20170519225829b71.jpg
CA3I0350.jpg
CA3I0351_20170519225832552.jpg
遠目からだと綺麗な塗装です。レーサーレプリカなんでこんなもんでヨシでしょう。

次は作って置いたシールを貼って
CA3I0356_20170519225833eff.jpg
CA3I0357_20170519225835b60.jpg
CA3I0359.jpg
CA3I0361.jpg
外装完成!

もうCAGIVAにしか見えない!?





スポンサーサイト

イタリアンな たこ焼き

わが家お気に入りのお店  ジェラテリア・チルコドーロ さんに気になる新作が出たので食べに行ってきました。

たこ焼きです!?
CA3I0333.jpg

見た目はソースもマヨも青海苔も鰹節もかかっててどこからみてもたこ焼きです
CA3I0334.jpg

でも食べるとジェラートですBuono!
CA3I0335.jpg

さらに うちの子のたこ焼きジェラートには タコが!
CA3I0337.jpg
通常は入ってませんがダジャレ大好きチルココージーパパァのスペシャルトッピングです

とっても手の込んでるジェラテリア・チルコドーロ特製ジェラートたこ焼き 
648万円です
限定数があるので 早めの時間に行くのがオススメです。
Ciao!

アルファロメオ159 OBD2アプリ Torque Pro

ECUの情報を見れるOBD2の診断アプリ Torque Pro (有料425円)をタブレットに入れてます。

アルファロメオ159のエラーコードの確認とエラーコードの削除もできました。
elm3271.jpg
ELM327 OBDII スキャンツール Bluetooth仕様 は WEB SHOP Zappaさんの
ファームV1.5 日本語マニュアル 保証付き 超小型 ELM327 OBDIIスキャンツール BLUETOOTH版 1500円
で設定も説明書どうりに楽にでき安定して通信できてます。
挿す場所は運転席右下 ヒューズボックス下です。
CA3I0331.jpg
CA3I0332.jpg
抜き差しがめんどくさいので12vをACC化して差しっぱなしにしてます。

OBD2 Torque Pro トップ画面
Screenshot_2017-04-29-07-22-54.png

アルファロメオ159対応センサー
Screenshot_2017-04-26-08-55-54.png
Number of trouble code and I/M info(ダイアグコード)
Fuel system status(燃料システム情報)
Calculated engine load value(最大出力トルクを100%としたときのエンジン負荷値)
Engine coolant temperature(冷却液温度)
Short term fuel & trim - Bank1(空燃比の調整値)
Long term fuel & trim - Bank1(空燃比の調整値)
Short term fuel & trim - Bank2
Long term fuel & trim - Bank2
Engine RPM(エンジン回転数)
Vehicle speed(車速)
Timing advance(点火タイミング)
Intake air temperature(吸気温)
MAF air flow rate
Throttle position(スロットル位置)
Sec.air status[Commanded secondary air status](二次空気の状態)
Oxygen sensor present(O2センサ)
Bank1,Sensor2:Oxygen sensor & short Term Fuel Trim(O2センサの電圧と、それによる燃料調整量)
Bank2,Sensor2:Oxygen sensor & short Term Fuel Trim
OBD standdards this vehicie conforms to(この車両が従うOBD基準)
Distance traveled with maifunction indicator lamp on(誤動作表示ランプが点灯した状態で走行した距離)
Fuel rail pressur(燃料レール圧力)
O2 S1 Equiv.Raito and/or Current(O2センサー燃空比率)

メニュー→ fault codes
故障コード診断 今は何も出てません
右上 設定からエラーコードクリアできます 
Screenshot_2017-04-09-10-46-01.png

出せれるメーターをコレでもかと出して見ました
Screenshot_2017-04-26-18-26-20.png
スピード タコメーター バキューム エアフロメーター
エンジン負荷 インテーク空気温度 スロットル開度
クーラント温度 平均燃費 平均燃費Tip
O2センサー燃空比率 点火タイミング バッテリー電圧

Screenshot_2017-04-26-18-26-25.png
時計 平均燃費 平均燃費トリップ 燃料計
燃料圧力 AFR空燃比 O2センサー燃空当量比 O2センサー1と2の電圧 
平均速度 フューエルトリム1と2長期短期

とまぁ常に監視しててもしゃぁないものもありますが 
エンジンが調子悪くなったときと いいときの比較が出来れば故障探求もしやすいのでは??

OBDIIスキャンツールとアプリで2000円ほど
これでエラーコード見れて消去できるだけでアルファロメオDIY派にはありがたいパーツです。


アルファロメオ159にサウンドジェネレーター取り付け その2

アルファロメオ159に装着したサウンドジェネレーターの音をBRZ86のようにホースを使って車内に入れてみました

いいサービスホールがないかと足元を見たら
CA3I0294_20170422073508f45.jpg

クラッチ関係のいいのがありました
CA3I0295_20170422073510542.jpg
ポンと押したら向こうに落ちたのでエンジンルームから取ったほうが良さそう

エンジンルームからはこの辺り
CA3I0296_20170422072445c7e.jpg
CA3I0297_201704220724461b3.jpg

サウンドジェネレーターに そこらへんにあったホースをつないでサービスホールに入れます
CA3I0298_201704220724481e0.jpg

CA3I0299_2017042207245001e.jpg
後は車内にエンジンルームの空気が入らないようにして完成

さてアルファロメオ159にサウンドジェネレーター改サウンドクリエーターの効果は…
うるさーい 
はい すごくいいです
演出効果音がでるのは踏んだ時なので
普段のように 極力半クラも少なく エンジンの回転に合わせアクセルを入れる
スムーズな走りをしてると全く響きませんが
早めにシフトアップしパワーの無いところからアクセル全開にすると
耳鳴りするぐらいサウンドジェネレーターが室内に響きわたります
ホースにスポンジ入れたり蓋して簡単にTPOに合わせられるので

あれはいいものだ!

イタルジェット フォーミュラ125 燃料系付きタコメーター装着

フォーミュラに乗ってて困ることの一つに燃料計がいい加減すぎることがあります。
針がふらふらしながらメモりが3ほどあってもガソリンは空で ガス欠を何度も経験しました。

なんかいい物ないかと物色してましたらヤフオクやamazonで出てる
丸型デジタルタコメータ 燃料計を買ってみました 
購入したヤフオクrobot_rdさん 説明付きで親切でした 1300円+送料600円

ただこのタコメーターは一次コイルからパルスを拾うもので
フォーミュラはCDIコイル一体型でパルスが拾えず
プラグコードに巻きるけてパルス信号を発生させるパルスジェネレーターも購入しました 1799円

メーターサイズはカバー外したほうがしっくりきそう
裏の取り付けボルトも邪魔なので飛ばします
CA3I0315.jpg

説明書を見て結線
CA3I0312.jpg
ノーマルメーターの配線は紫が12V 黒アース 黄緑タンクセンサー

タンクのセンサーを引っこ抜いてレベル0にして
CA3I0309.jpg

メーター裏のボリュームでデジタル表示を調整
CA3I0310.jpg

パルスジェネレーターは
CA3I0316.jpg
CA3I0317.jpg

コードのゴムちょっとハイでTDK製のフェライトコアをパッチっと装着
CA3I0314.jpg

サイズがちょっと大きんで厚手の両面テープで調整
CA3I0311.jpg

適当なわりにすっきりと完成
CA3I0313.jpg

デジタルタコ 遅延はありますが数値は合ってるのでまあいいとして
燃料計はふらふらしますがこれはセンサー側の問題ですね。
ガソリン入れてみましたら満タン表示もそこそこ合いそう。
日光が当たると何も見えません。
でもこれでもうガス欠はしなくなりそうです。
プロフィール

イボルブ16

Author:イボルブ16
イタリアかぶれのガンダム世代。GileraRunnerfx125と
Italjet Formula125とアルファロメオ159が今の最高のおもちゃ。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR