スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタルジェット フォーミュラ125 プーリー交換

9月21日 堺カートランドで行われるRIDING SPORT CUP 39CUPに参戦!
と言ってもエキシビジョンレース 各ショップ どんな車両が出てくるかも分かりません。
だいたい私 もう10年ほどサーキットを走ってませんし
そもそもスクーターでカートランドを走ったことがありませんので
コケないよう楽しく走る程度の予定です。
もちろん練習走行にも行かずぶっつけ本番ですが ハブステアリングのブレーキ性能をサーキットで体感してきます。

でクラッチを交換して数日 調子はどうかと言うと 交換前より遅くなってます。
原因はクラッチが滑らずちゃんと食いついてるので ミート以降の回転があがらない
悲しい誤算です。
6500rpmほどしか上がらず まぁそれでも速いんですが最高出力の8000rpmまでは上げたいところ
WRを交換して軽くしたらいいんですがスズキサイズなんで手持ちもなく
買ってあったポリーニのハイスピードコントロールを付けてみました。
CA3I0067.jpg

交換方法はスズキアドレス セピア系と同じで特殊工具もスズキ系がいりますので検索して下さい。

WRはホンダサイズですがポリーニにこんな便利パーツがありまして
CA3I0068.jpg
6.5 7 8 9gの重りとパコんと割れるプラッチックのセット
CA3I0069.jpg
CA3I0070.jpg
これでたいがいの細かいセッティングができます。
まずは9g×6を入れて帰ってきましたが 重すぎました。ミートは7500rpmほど
8×6でようやく8000rpm超え気持ちよく加速します。街乗りではこのへんで十分です。
7×6でボスワッシャー内側に2枚にしてみたら8500rpm以上回り 
クラッチノーマルでもスタートも再加速もよさげなんでこのセットで行きます。
駆動系セッティングはほどほどにしないとドツボにはまりるので注意です。

明日は仕事の合間にWRのセットと超レアな11インチハイグリップタイヤに交換です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イボルブ16

Author:イボルブ16
イタリアかぶれのガンダム世代。GileraRunnerfx125と
Italjet Formula125とアルファロメオ159が今の最高のおもちゃ。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。